ここから本文です

仲間由紀恵、産後初の連ドラ出演に充実感「日々、楽しい」

7/10(水) 8:00配信

オリコン

■「せっかくやるんだったら前向きに」自然体のなかに感じるパワフルさ

みどころとなるのが主人公で妹・鐘子を演じる女優・杏(33)との掛け合い。鐘子の首に掴みかかった葉子がお説教する姿は確かに新鮮で笑いを誘う。テンポよくコミカルな姉妹喧嘩シーンの撮影前には、2人でせりふを合わせ入念に準備。初共演となる杏だが「ゆっくり話せる時間はそんなに多くはないんですけど他愛もない差入れの話で盛り上がったり、2人とも子どもを育てる立場なので『きのう、何時に寝れた!? 大丈夫!?』みたいに話したりお互いを気遣ったりしています」と母親同士らしいコミュニケーションも図る。

仕事と育児に追われる毎日でのリセット方法を聞くと「そんなことは気にできないです」とキッパリ。「美とか健康とか今はどうでもいい、みたいな(笑)。ゆっくりできる時間はない。気分転換もしない。癒やしなんて、ないないないない(笑)。子どもそのものに癒やされることはありますけど、自分の美容や健康を気にする時間はないです。それでも移動時間に美顔器をかけたり…それくらいはありますけど、撮影がなければそれもないですね」。穏やかで優しい口調に反して、なりふり構わずなんとか日々を乗り切っているという。

そんな毎日を「でも日々、楽しく撮影にも臨ませて頂いてます。現場でも杏ちゃんや谷原(章介)さん、素敵な役者さんとお芝居ができるので、それを楽しみに現場に行っています」と話す、その声は明るい。「時間がとりにくくなり、台本を覚えたりする時間が少なくなったので生活の中でちょっと空いている時間で台本を覚えようとか生活にメリハリが生まれるようになりました」と出産前後の変化を明かす。

「夜はさすがに疲れますけど、子育ても前向きに楽しく向き合っています。せっかくやるのだったら前向きにやったほうがいい。なにか分からないことがあったら、周りの人に『どうですか?』って聞くタイプですね。だから溜め込むこともなくやれています」。自然体な素顔の内に秘めたパワフルさ。出産という節目を経て、女優・仲間由紀恵はこれからますます進化していくことだろう。

2/2ページ

最終更新:7/12(金) 21:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事