ここから本文です

保釈中の覚醒剤事件被告、宇都宮地裁初公判出廷せず逃走

7/10(水) 17:26配信

産経新聞

 宇都宮地検は10日、同日午後に宇都宮地裁で初公判が開かれる予定だった覚せい剤取締法違反(使用・所持)事件の被告の男が出廷せず、逃走していると発表した。

 関係者によると、男は今年6月に起訴された後、保釈。しかし、保釈中の制限住居から裁判所に無断で転居したとして、今月、地裁が保釈の取り消しを決定していた。宇都宮地検は男の名前や年齢を明らかにしていない。

最終更新:7/10(水) 20:57
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事