ここから本文です

「納豆の日」に考えた 納豆に合う食材ってなに?

7/10(水) 11:10配信

Hint-Pot

 7月10日は「納豆の日」だそうです。みなさんは、納豆を食べる際に、トッピングしたり、組み合わせたりするものはありますか? 栄養士で家庭科教員の池田由美さんに聞きました。池田さんの出身地の茨城県では、納豆に切り干し大根が入った「そぼろ納豆」と呼ばれるものがあるといいます。地域や家庭、その人なりの納豆の食べ方があると思いますが、「納豆の日」ということで、組み合わせると良い食材についてを聞きました。

【画像】納豆消費量1位は茨城・水戸市ではなかった! トップは?

 ◇ ◇ ◇

それぞれ食べ方はあると思いますが… 組み合わせの良い食材は?

 そもそも「畑の肉」ともいわれる、良質な植物性のたんぱく質をはじめ栄養豊富な大豆が原料の納豆。蒸した大豆に納豆菌を作用させた発酵食品で消化率が高いとされ、カロリーが低いにもかかわらず栄養価が高いのが特徴です。池田さんによると「女性が食べておきたい食品のひとつといえると思います」とのこと。主に、次のような栄養素が含まれて期待できると言います。

「まず納豆で、よく知られている栄養素として挙げられるのはナットウキナーゼでしょうか。血栓を防ぎ動脈硬化の予防などに注目されています。また、女性にとってうれしいイソフラボンも豊富で、更年期の不調や骨粗しょう症が気になる人は、摂取しておきたいですね。ホルモンバランスの乱れを整えるビタミンB2も豊富で、糖質や脂質の代謝の促進も期待できます」

 納豆といえば、「納豆ごはん」。池田さんによると、この「納豆」と「ごはん」という組み合わせは、相性の良い組み合わせだといいます。白米に不足している必須アミノ酸として、「リシン(またはリジン)」が挙げられますが、納豆に多く含まれています。「リシン」とは人体を構成するたんぱく質の組み立てに必要不可欠なアミノ酸の一種。納豆ごはんとして、一緒に食べることでアミノ酸バランスが良くなり、栄養価的にもパワーアップするそうです。

納豆をパワーアップするための「ちょい足し」食材とは?

 納豆をさらに「パワーアップ」するために「ちょい足し」をするには、どんなものが良いのでしょうか? 池田さんの話をまとめました。

 まずは「薬味系」です。納豆に刻んだネギは定番ですが、納豆と一緒に食べることは、理にかなっていると言えそうです。

〇ネギ
 納豆の独特のニオイが、ネギ特有の香り成分である硫化アリルで消されて食べやすくなるのもポイント。このネギの硫化アリルは「血液サラサラ」成分としても知られていて、納豆のナットウキナーゼと相乗効果が期待できます。

〇シソ
 そもそもシソは「蘇らせる力」があり、紫色から「紫蘇」ともいわれ、殺菌作用や防腐作用などが期待されます。納豆にはないビタミンAが含まれているのもポイント。ビタミン CやB群も含まれています。

〇ゴマ
 小さいですが、カルシウムや鉄分などのミネラルが含まれています。手軽に栄養素を補える上、香ばしさも楽しめて風味もアップします。粒のままでは消化しにくいので、すりゴマのほうが良いでしょう。

 続いて「発酵食品」。納豆も発酵食品なので、組み合わせると、相乗効果が高く、相性が良いそうです。

〇キムチ
 発酵食品同士、納豆と相性は絶妙。乳酸菌で整腸作用も期待できます。野菜なのでビタミン類も豊富といえます。キムチには、唐辛子やニンニク、ショウガなども使われているので、新陳代謝、血流、免疫力、疲労回復にも。

〇ザーサイ
 中華系の漬物です。ミネラルや食物繊維が豊富といわれ、納豆とも相性が良いです。乳酸菌の整腸作用も期待できそうです。旨みもアップして、食感も引き立ちます。

〇チーズ
 パルメザンチーズ(粉チーズ)を組み合わせると、カルシウムやたんぱく質を摂取しやすいといえます。チーズの種類によっては、脂質が多く、エネルギーが高いものもあるので、カロリーなどを気にする人は不向きかもしれません。

 そのほかの食材はどうでしょう? 好みでいろいろとありそうですが、とりあえず、定番的なものを紹介します。

〇アボカド
「森のバター」と言われて、とても栄養価の高い果物のひとつです。納豆と組み合わせると、動脈硬化予防のオレイン酸、老化防止のビタミンEが多いとされています。

〇しらす干し
 カルシウムが豊富なうえ、骨を丈夫に維持するビタミンDも含まれています。ビタミンDは脂溶性なので、オリーブオイルなど良質の油を少し加えると吸収率が高くなります。納豆の栄養素との相乗効果で、骨の健康が気になる人に良い組み合わせだと思います。

〇オクラ
「ねばねば」コンビになります。オクラのねばねばは、水溶性食物繊維のペクチンやガラクタンのぬめりです。整腸作用、血糖値の急上昇を防ぐことも期待されます。カルシウムやカリウムも豊富です。

 最後に池田さんは、こういいます。「栄養という観点からいえば、ひとつのトッピングや薬味で食べ続けるというよりも、できればいろいろと変えてみて、さまざまなバリエーションで食べるというのが良いですよ。みなさんの一番のお気に入りの組み合わせはなんでしょうか? 「納豆の日」をきっかけに、いつもとは違った組み合わせで食べてみるのも、なにか発見があるかもしれません。

Hint-Pot編集部

最終更新:7/10(水) 22:17
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事