ここから本文です

九州・四国・中国を中心に傘の出番 非常に激しい雨の降る所も

7/10(水) 5:42配信

ウェザーマップ

 きょう10日(水)は、九州・四国・中国を中心に雨が降り、鹿児島県や高知県では局地的に非常に激しい雨が降る見込み。一方、東海・北陸や関東などでは、貴重な梅雨の晴れ間となりそうだ。

 きょう午前5時現在、四国の広い範囲で雨が降り、局地的に活発な雨雲がかかっている。また、九州や中国、近畿の一部でも雨となっている所がある。
 きょうは梅雨前線や低気圧の影響で、九州・四国・中国を中心に断続的に雨が降る見込み。
 雷を伴い、激しい雨となる所もありそうだ。特に鹿児島県や高知県では、局地的に非常に激しい雨が降るおそれがある。大雨となる可能性もあるため、土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水に注意したい。また、近畿でも朝晩を中心に雨の降る所がありそうだ。

東海・北陸や関東など 貴重な“梅雨の晴れ間“に

 一方、東海・北陸や関東、東北の日本海側を中心に、広く梅雨の晴れ間となる見通し。あす11日(木)以降は再び曇りや雨となる地域が多いため、貴重な日差しとなりそうだ。

秋田で真夏日予想 関東の肌寒さは解消

 最高気温は、きのう9日(火)と同じくらいの所が多い見込み。北日本ではこの時季としては気温が上がり、秋田は真夏日が予想されている。また、東京はきのうより4℃ほど高く、ムシムシと感じられそうだ。
 一方で、宮城県や福島県では5月並みの気温となり、肌寒さが続く見通し。昼間でも、羽織る物が必要となりそうだ。
(気象予報士・石上沙織)

最終更新:7/10(水) 5:42
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事