ここから本文です

元世界1位マレー 単の復帰未定、全米OPでのプレーは「確率かなり低い」<ウィンブルドン>

7/10(水) 8:50配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は9日、混合ダブルス2回戦が行われ、A・マレー(イギリス)/ S・ウィリアムズ(アメリカ)組が第14シードのF・マルティン(フランス)/ R・アタウ(アメリカ)組を7-5, 6-3のストレートで破り、3回戦進出を果たした。

【錦織 マレーと「対戦したい」】

試合後の会見でマレーは、記者から「テレビで『ウィンブルドンが終わったら、もっとシングルスの練習をする』と言っていましたね。つまり全米オープンや全米オープン・シリーズのシングルスに出場する決断をしたということ?」と聞かれると「そのタイミングでの復帰の確率は、かなり低いと思う」と答えた。

シングルスで元世界ランク1位のマレーは、今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で引退を示唆するコメントをしていたが、6月に行われたフィーバー・ツリー・チャンピオンシップス(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)のダブルスで復帰していた。

「昨日チームのみんなと少し話した。体を強くするためにやらなければならないことが多くある。5セットマッチを戦い切るほどの強さを手に入れるために、オフコートでもやらなければいけないことがたくさんあり、残念なことにそれにはまだ程遠い」

「プレーはしたい。数年以内に大きな手術をしなければならないようなことは起きてほしくない。今まで受けた手術で、できるだけ長く体が保っていてほしい。最大のチャンスを手に入れるために。シングルスへ戻る前に強くならなければいけない」

「完全には分からない。体が回復して強くなるのに、どれくらいかかるのかは分からない。長くなることは分かっている。9カ月、12カ月、18カ月になるかもしれない。できるだけ早くするように全力を尽くす。厳しいけど、正確な時間は教えられない」

今後、セリーナとの混合ダブルスは継続するかと問われたマレーは「それは分からない。もちろん可能だけど、今はセリーナとコートにいることが楽しいんだ」と述べた。

「いいプレーをしたいし、もちろん勝ちたい。それは変わらないと思う。その感覚を失いたくはない。クイーンズで復帰した時、まだその思いはあった。勝ち負けより、競技を楽しめていた。これまでやってきた以上に、勝敗を違うものととらえた。おそらく違う見方ができるようになったのだと思う」

マレー/ セリーナ組は、3回戦で第1シードのB・ソアレス(ブラジル)/ N・メリチャー(アメリカ)組と対戦する。

最終更新:7/10(水) 13:53
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事