ここから本文です

「20代後半、仕事をやめようと思っていた」中川翔子の吐露に、小林幸子「50代が一番楽しい」。ポケモン主題歌に支えられた日々

7/10(水) 18:14配信

BuzzFeed Japan

20代後半、仕事をやめようと思った

――そんな思い出があるなら、今回『風といっしょに』の抜擢は……。

中川:もう、信じられないっていう言葉しかないです。立ち止まった時期もあったけど、諦めなくてよかった。こんな未来が来るなんて……。


ソニー・ミュージックレーベルズ
今は、大人になってもアニメやゲームはもちろん、ポケモンも好きだって言えるいい時代。私はポケモンの情報番組(現『ポケモンの家あつまる?』、通称:ポケんち)に10年以上出させていただいて、そこで友だちにも恵まれて、人生が変わりました。

番組で一緒になったメンバーとホームパーティーしたり、サバゲーしたり、一緒に『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』鑑賞会したり、すごく楽しい。青春はなかったって諦めてたんですけど。

小林:今が青春じゃん!

中川:本当にそうかもしれない。30代になってからの方が明らかに楽しいんですよね。20代のときは、学生時代を引きずってたし、特に20代後半は一番つらかったんですよ。

――活躍していて楽しそうに見えましたが……?

中川:これから先どうしようっていう漠然とした不安が大きくて。空回ってたのかな、やらなくてもいいポーズにトライしてライブ中に尾骨を骨折したり……。無駄に悩んでた。

誕生日を祝うローソクが増える楽しさ

――周りも結婚していく時期ですしね。

中川:そうそう。いろいろ悩んでた。先輩方が30代の方がずっと楽しいとアドバイスをくださっても、「本当かな?」って思ってたんですけど、本当でした(笑)。

――どうしてでしょう?

中川:多分、「もっとこうしたい」っていう提案ができるようになったんだと思います。受け身じゃなくて。そうしていくと、子供の頃からの夢が違った形で叶い出す。

中川:10代の頃、学校でいじめられてすごくつらかった。でも、あの時、一人で悩みながら読みふけった本やアニメ、それこそポケモンが脳みそを養ってくれて、今の仕事に繋がってる。未来への種だったって実感するんですよね。『ポケんち』で共演しているヒャダインさんは、陰キャ時代のネタで子供たちから大人気ですし。黒歴史も全部栄養。

10代の時って不器用な部分があって、自分でも制御できないことが沢山ある。無駄に悲観的に捉えてしまうこともあるし。「あ、なんだもっと簡単なことだった」と、柔らかく解釈できるようになった気がしますね。がむしゃらにしがみついていたことが花開く。それこそ、20代のあの時、芸能界を引退していたら『風といっしょに』を歌うこともなかったんだなぁって、昨日思ったんですよ。

小林:ちょっと、ひとこと言ってもいい?

中川:はい!

小林:50代からも楽しいよ~。全部が可愛く見えるようになりますからね。30代になるとそれまでとは違った大きな悩みをみんなが抱えるようになって。それを越えると「まぁいいか」って気持ちがすごく強くなる。愛おしいっていうのかしら。理不尽なことってたくさんあるんだけれど、だいたい乗り越えられますから。

中川:これが芸能界で55年戦い続けてる幸子様……。

幸子様ってすごいんですよ。私が免許とった時もいち早くお祝いのメッセージをくれて、愛猫のマミタスが他界した時も励ましの言葉をくださって……。プライベートも素敵だけれど、一緒に取材をしてて驚いたのが、失礼な質問をされても毅然としてるんです。私だったら、オドオドしちゃう……。

小林:嫌な質問されたら「そうです」って堂々としているだけよ。口に出すってことは反抗ではなくて意思表示だから。ただ、言い方は上品に(笑)。

――口に出すって大事ですよね。

小林:本当にそう。例えば、夢も口に出すと近づいていく。『ポケットにファンタジー』(TVアニメ『ポケットモンスター』エンディングテーマとして使用された)の歌詞なんですけれど、ポケットの中に自分の夢がある。それを外に出していくと、叶わないかもしれないけれど、確実に近づいていく。

中川:そう! 『めざせポケモンマスター』(TVアニメ『ポケットモンスター』主題歌として使用された)の「ユメはいつかホントになるってだれかが歌っていたけど つぼみがいつか花ひらくようにユメはかなうもの」っていう歌詞が大好きなんです。

小さい頃は、意味もわからずに歌ってたんですけど「これは本当だ!」って最近本当によく思います。夢を誰かに言ったり、書いたりすると、当初と違う形だったり、遠回りになるかもしれないけど、それが叶うまでの道も経験値。RPGのように最終的に夢がかなって、また違う夢ができる。ポケモンっていつもそのことを歌っててくれたんだなぁって。

2/2ページ

最終更新:7/10(水) 18:14
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事