ここから本文です

退職前日、アイスピックで同僚3人刺す

7/11(木) 15:25配信

読売新聞オンライン

 勤務先の同僚らをアイスピックで突き刺したとして、静岡県警富士宮署は9日、住所不詳、会社員川俣浩容疑者(38)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、川俣容疑者は9日午後10時40分頃、富士宮市舞々木町の医療機器工場内で、作業中だった同僚の54歳と19歳の男性2人と32歳の女性の後頭部などを、アイスピックで突き刺して殺害しようとした疑い。3人は頭や首に軽傷を負った。調べに対し、「殺意はなかった」と容疑を一部否認している。同署は工場でのトラブルの有無や動機などを調べている。

 勤務先によると、川俣容疑者は、2017年8月から同工場に勤務し、今年6月下旬頃から休むようになった。7月10日に退職することが決まっており、事件当時は有給休暇の消化中だった。会社のIDカードで工場に入ったとみられる。

 川俣容疑者は逮捕後の10日、取り調べ室で供述を記録した弁解録取書を引き裂いたとして、公用文書毀棄(きき)容疑でも現行犯逮捕された。

最終更新:7/11(木) 16:04
読売新聞オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事