ここから本文です

かなざわ新舞踊絵巻に向け、かつら合わせ 8月31日、11流派競演

7/10(水) 0:59配信

北國新聞社

 石川、富山を代表する新舞踊の11流派が競演する舞台「第5回かなざわ新舞踊絵巻」(北國新聞文化センター主催、北國新聞社共催)は8月31日、金沢市の北國新聞赤羽ホールで開かれる。9日は同市の北國新聞会館で「かつら合わせ」が行われ、出演者が着用するかつらを微調整して本番に備えた。

 京都市のかつら製造「かづら倖(こう)」の職人が、出演者それぞれの頭の大きさや形に合わせて、かつらに手直しを加えた。舞台では流派の垣根を越えて66番を披露する予定で、開演は午前10時半。入場料は全席自由で前売り4千円。問い合わせは北國新聞文化センター=076(260)3535=まで。

 出演する流派は次の通り(かっこ内は代表者)。

 葵流・照洲会(葵照洲会主)大河流・寛久美会(大河寛久美会主)大河流・寛椿会(大河寛椿会主)河澄流(河澄吉扇家元)舞踊・紅翠の会(直江紅翠会主)三条流(三条栄次郎家元)紫扇会(衣川紫扇主宰)紫乃の会(睦紫乃会主)孝藤流(孝藤まりこ家元)能元流・美惠会(能元美惠家元)芙蓉流・百優会(芙蓉椛津生会主)

北國新聞社

最終更新:7/10(水) 0:59
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事