ここから本文です

旗手V弾&小柏ダメ押し弾!ユニバ代表が韓国撃破で4強へ

7/10(水) 12:47配信

ゲキサカ

 ユニバーシアード日本男子代表は9日、準々決勝で韓国を2-0で下した。11日の準決勝ではイタリアと対戦する。

 準々決勝で実現した日韓戦。日本が誇る強力2トップ、FW上田綺世(法政大3年/鹿島内定)とFW旗手怜央(順天堂大4年/川崎F内定)が積極的にシュートを放ってリズムを作っていく。

 ただ韓国の粘り強い守備に遭いなかなか得点出来ずにいたが、後半34分に旗手がゴールネットを揺らして先制。旗手は2試合連続ゴール・そして同43分には途中出場のFW小柏剛(明治大3年)がダメ押し弾を決めて決着をつけた。

 予選第2戦から中3日の韓国に対し、日本は中1日。日程面での不利があった日本だが、放ったシュートは韓国の3本に対して17本。ポゼッション率でも55%と上回るなど、スタッツでも韓国を圧倒した。

 11日に行う準決勝は、フランスを1-0で下して勝ち上がったイタリアと対戦する。

[先発]
GK:阿部航斗
DF:田中駿汰、中村帆高、山川哲史
MF:森下龍矢(90分→角田涼太朗)、三笘薫、紺野和也(72分→金子拓郎)、山本悠樹(87分→明本考浩)、高嶺朋樹
FW:旗手怜央(83分→小柏剛)、上田綺世

[控え]
GK:オビ・パウエル・オビンナ
DF:本村武揚、山原怜音
MF:児玉駿斗
FW:林大地

最終更新:7/10(水) 12:47
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事