ここから本文です

山口真帆、NGTメンバーの証人出廷も 暴行事件の真相解明へ「可能性ある」

7/11(木) 5:59配信

デイリースポーツ

 NGT48の運営会社・AKSが、昨年12月に元メンバー・山口真帆(23)への暴行容疑で逮捕され、不起訴となった男性2人に対して損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が10日、新潟市の新潟地裁で開かれた。被告側はだれも出廷せず、裁判は約3分で終了。AKS側の代理人である遠藤和宏弁護士は閉廷後、報道陣の取材に応じ、山口やNGTメンバーが証人として出廷する可能性があると明かした。

【写真】「手も足もガリガリ」山口真帆の姿にファンも仰天

 すでにNGTを卒業して大手芸能事務所「研音」に移籍し、東京に活動の場を移した山口が、裁判の証人として新潟に戻ってくる可能性が浮上した。遠藤弁護士は、証人としての山口やNGTの現役メンバーの出廷について「可能性としてはあると思います」と回答。「プライバシーに関わってきたり、個人のご意志もありますから、そういったことを尊重しながら慎重に進めていく」とした。

 訴訟の主目的については「真相解明をメンバーの方々や、親族の方々が求めている。そういった思いを会社も受けて、原因を究明して再発防止につなげたいという目的」と説明。被告が不起訴となったことに対して「理由すら会社としては分かっていない。そうした事情も含めて真相を究明していきたい」と話した。

 裁判所からは今後、非公開で裁判を進めていく意向を示されたが、遠藤弁護士は「白日の下にさらされる形で、公開の法廷でやり取りをする形で進めたい」とキッパリ。被告側の答弁書については「『追って主張する』だとか、『追って認否する』だとか、極めて形式的な答弁書」とし、原告側の請求棄却を求める形で、争う姿勢を示しているという。

 訴えによると、山口が自身のSNSなどを通じて男性による暴行の事実を告発して以降、劇場公演の中止や広告契約の更新見送りなどが続出。加えて、メンバーの自宅警備費用など、計1億円余りの損害のうち、3000万円を請求した。裁判の傍聴券の抽選には150人が並び、倍率は約3・2倍だった。

最終更新:7/11(木) 7:19
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事