ここから本文です

マダイとクルマエビの放流

7/11(木) 13:21配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

天草郡苓北町の海水浴場では地元の小学生と高校生がマダイやクルマエビの稚魚およそ5200匹を放流しました。

放流は天草拓心高校が毎年行っていて、
マダイやクルマエビなどの資源を維持、さらには増やすと共に地元の小学生に海洋生物や環境について興味を持ってもらおうと続けてきました。
9日は地元の高校生と小学生、あわせて20人がバケツに入ったマダイやクルマエビの稚魚を波打ち際からそっと海へ放しました。

「苦労して育てたんですがいつもより大きくなっていて無事放流する事ができて良かったです」(稚魚を育てた高校生)
「大きくなってほしいという思いで放流しました」(参加した小学生)
放流のあと、子どもたちは魚を間近で見たり触れ合ったりできるタッチプールで生きたままの伊勢エビやフグなど手に歓声を上げていました。

RKK熊本放送

最終更新:7/11(木) 13:21
RKK熊本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事