ここから本文です

悪化する日韓関係~懸念される東京オリンピックへの影響

7/11(木) 12:30配信

ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(7月11日放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。悪化する日韓関係のなか、関係を改善するためには何をすべきかについて持論を展開した。

韓国政府は9日、ジュネーブで行われた世界貿易機関(WTO)の物品貿易理事会で、日本政府による半導体材料の輸出規制強化について貿易をゆがめる措置だと強く非難し撤回を求めた。これに対し日本側はWTO協定と完全に一致していると反論している。

新行)韓国の成允模(ソンユンモ)産業通商資源大臣は輸出規制強化を巡って、12日の午後に東京で日本側と協議する方向で調整していることも明らかにしています。

鈴木)WTOで韓国が訴えて来たのですが、日本は反論した。WTOの取り決めに反するのか。僕はその違法性、韓国側の理屈は通らないのではないかと思います。この問題について、僕なりの視点で考えたいと思います。いままでも日韓関係はいろいろありました。戦争以降、日韓関係は難しいものがあった。関係の改善については前に進み、また何かで後退するということを繰り返して来た。そのなかで、もめたときに政府同士、国同士はけんかをしても必ずそれをうまくまとめるために、機能していたことが3つあるのです。

鈴木)1つ目は、議員外交。政府同士でいろいろとやっていても、議員が中心となって議員外交という自由な立場で、韓国と日本のお互いの国会議員で下地を作り、うまくバランスをとって行く、というものが1つ。

2つ目は民間の経済団体による民間の経済交流。政治同士がけんかをしていても、そこでうまく話をする。

3つ目はスポーツ・文化です。文化とは、例えば韓流のドラマや映画、音楽。日本のものは韓国では規制されて、音楽を聴けなかったりもしたけれども。あとはスポーツです。

鈴木)こういったもので、二重外交と言うと言葉は悪く聞こえてしまうのですが、すごく意味があって国同士、政府同士がけんかをしていても、そういうところでうまくつなぐ。そしていつか糸口がつかめて来る。そういったバランスがあったのですが、今回はこの後ろ3つがダメなのですね。特に議員外交が機能しなくなった。日本側にも韓国と一生懸命何か行おうという議員が昔はたくさんいたのだけれども、いまの若い議員は、外交ならば韓国よりもアメリカや中国、インドなどを向く議員が増えている。韓国もそうです。韓国では昔の国会議員は日本語が話せた。それくらい関係が深かったのですが、いまは韓国でも世代交代をして、日本に対しての理解がそれほどない。そういった意味で議員外交が機能していないということは、一連の徴用工、慰安婦などをはじめ、ここまでこじれて来た背景にあると思います。

これはいろいろな評価がある議員ですが、山本一太さん。彼は個人的に韓国に熱心でした。彼は歌う国会議員とも呼ばれて、自分で歌も出したのですが、議員外交をしながら韓国でも歌を歌い、文化も一緒に行う。それがきっかで何かがすごく進んだかどうかは別としても、そういう議員がいたのですよ。僕は議員外交のあまさが、この問題をこじらせている原因の1つだと思います。ですから各政党でいまからでも遅くないので、議員外交を行うことが必要です。

1/2ページ

最終更新:7/11(木) 13:28
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事