ここから本文です

清水大成が首位浮上 石川航が2打差4位で最終日へ/日本アマ3日目

7/11(木) 13:54配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇日本アマチュア選手権 3日目(11日)◇伊勢CC(三重)◇7002yd(パー71)

「なんせトータル100歳」なW杯優勝コンビ

予選を突破した66人による決勝第3ラウンドが行われ、5位から「69」と伸ばした清水大成(日大3年)が通算7アンダーの単独首位に浮上。今年のアマチュア日本一に前進した。

1打差の通算6アンダーの2位に蝉川泰果(東北福祉大1年)と木村太一(日大3年)が続く。

通算5アンダーの4位に、2018年「アジア大会」個人・団体で金メダルの中島啓太(日体大1年)、石川遼の弟・石川航(日体大2年)、鈴木晃祐(東北福祉大1年)、今野匠(東北福祉大3年)の4人が並んだ。

22位で決勝ラウンドに進んだ石川は6バーディ、2ボギーとして、この日のベストスコア「67」をマーク。4つ伸ばして優勝争いに加わり、好位置で最終日を迎える。

3日目のスコア

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ