ここから本文です

熊本市の小学校教諭 体罰で処分検討

7/11(木) 19:23配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

熊本市の小学校に勤務する男性教諭が児童の胸ぐらをつかむなどしたとして熊本市教育委員会がこの教諭の処分を検討していることが分かりました。

熊本市教育委員会によりますと今年3月、
体罰を受けたとする児童の保護者などから事実関係の調査などを求める嘆願書が教育委員会に出され、
男性教諭への聞き取りを行ったということです。
その結果、熊本市の小学校に勤務する50代の男性教諭が2014年から去年にかけて複数の児童に対し胸ぐらを掴むなどの体罰や、
「アホ」などと暴言を吐いていたことが分かったということです。
調査の結果、体罰にあたるものが3件、暴言にあたるものが3件、
不適切な指導が14件確認されました。
市教委は今後この調査を結果を踏まえ男性教諭の処分など対応を検討していくとしています。

RKK熊本放送

最終更新:7/11(木) 19:23
RKK熊本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事