ここから本文です

伊礼彼方、もっとミュージカルを「気軽に」 異色タッグのアルバム語る(後編)

7/11(木) 12:01配信

マイナビニュース

『テニミュ』で人気も「勘違いしちゃいかん」

数々の舞台に出演し、現在は全国ツアー公演中のミュージカル『レ・ミゼラブル』でジャベール役を演じている俳優の伊礼彼方が、ミュージカル・カバー・アルバム『Elegante』を発売した。実はこのアルバム、お笑い芸人の藤井隆が2014年に設立した音楽レーベル「SLENDERIE RECORD」から発売されており、プロデュースも藤井が行なったという異色のアルバムとなっている。

【写真】藤井隆と伊礼彼方のツーショット

今回は、なぜ藤井プロデュースによるアルバムが発売されたのか、そして伊礼の俳優・ミュージカルへの思いについてインタビュー。前・後編に渡ってお届けする。

■ファンの言葉に感動

――現在帝国劇場で上演中の『エリザベート』で、トートのナンバーである「最後のダンス」も収録されていますが、伊礼さんが叫ぶように歌われているのが印象的でした。

僕は音楽の入口としては実はフォークなんですが、もともとロックやパンクが大好きで、喉をアルコールで消毒してガラガラにしたかったくらい。だから「最後のダンス」も、もっとロックよりな表現ができるんじゃないかな、と思って、挑戦してみました。海外での『エリザベート』はわりとロック調で歌っている方もいるのですが、今までで1番近かったのは、僕がルドルフ役として出演させていただいた武田真治さんのトートですね。ロック寄りでエキゾチックで魅力的でした。

――それは武田さんにも伝えられているんですか?

当時ずっと言ってました! 「最後はもっとシャウトした方がかっこよくないですか」というお話もさせて頂いてましたし、自分でやりたくてしょうがないから(笑)。


――ミュージカル映画だといろいろな作品がヒットしていますが、舞台だと少女漫画的世界観の強いものが多いのかなという気がして、ロック的表現も素敵だなと思いました。

それは非常に思います。日本人の文化の傾向なのかもしれません。でも例えば2.5次元をきっかけに、ミュージカルを知ってくれたら嬉しいですし、ミュージカルには本当に良い曲がたくさんあるのに、音楽番組やヒットチャートに乗らないということがすごく残念で。世の中の方に、もっと知ってほしい。ミュージカルの認知度を上げていきたいですね。

――2.5次元ミュージカルのお話ありましたけど、Twitterに、『レ・ミゼラブル』出演中の「ミュージカル テニスの王子様」出身キャスト(伊礼、内藤大希、三浦宏規、相葉裕樹、小野田龍之介)の集合写真を載せられていましたよね。

今回『レミゼ』に『テニスの王子様』出身者が5人出演していて。ちょっとすごい事だな、と思って。僕はふだんあまりテニスの話はしないんですけど、今までにないタグだらけのツイートをあげてみました(笑)。

これは自分の経験談でもあるのですが、2.5次元や役柄が特筆した作品の時って、その役の効果もあって一瞬にしてキャーキャー言われて人気が出るんです。そこで、ふと我に返って、まてまて、まだ実力も不十分なこの状態で勘違いしてはいかん! って自問自答して思っていましたね。なので、そういう経験をくぐってきた彼らと『レミゼ』で全員がオーディションで選ばれてまた出会えると嬉しいですよね。


僕は『テニスの王子様』の次に『エリザベート』に出演したので、現実的な事を言いますと、チケット代が一気に倍になったんです。「帝劇はチケットが高いから、断念します」というファンの方もいました。でも今、『レミゼ』に出させていただいて、「あの頃は中学生だったけど、自分のお金で自由に観劇できるようになった」という声を聞いて、「続けていてよかった」と思いました。

1/2ページ

最終更新:7/11(木) 12:01
マイナビニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事