ここから本文です

【凱旋門賞】ロジャーバローズとキセキ、7月中に栗東トレセンへ帰厩の見込み

7/11(木) 13:42配信

netkeiba.com

 10月6日にフランスのパリ・ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1)に登録しているロジャーバローズとキセキが7月中に栗東トレセンに帰厩する見込みであることが明らかになった。

 今年の日本ダービーを制したロジャーバローズは来週16日以降に、2017年の菊花賞馬であるキセキは再来週23日以降にそれぞれ栗東トレセンに帰厩の見込みだ。

「帰厩するタイミングが違うのは、それぞれレースを使ったタイミングが異なるから。ロジャーバローズのほうがレース間隔もあいているし、キセキのほうが馬ができるのも早いと思います」(辻野助手)

 まだ、前哨戦や渡欧の日程の詳細は未定だが、1か月ほど栗東で調整してから出国する予定で着々と準備は進んでいる。

(取材・文:花岡貴子)

最終更新:7/11(木) 13:42
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事