ここから本文です

上白石萌音、リリースイベントでファンに恋のアドバイス!「消しゴム落として、拾ってもらうとか?(笑)」

7/11(木) 12:23配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

■上白石萌音、観客の恋愛エピソードにキュンキュンする場面も!「こういうお話を聴くと“恋っていいなぁ~”と思いますよね」
上白石萌音がミニアルバム『i』(アイ)の発売を記念して、発売当日となる7月10日に、リリースイベントをお台場のヴィーナスフォートで開催した。

【動画】上白石萌音「永遠はきらい」ミュージックビデオ

上白石がリリースイベントを行うのは2017年以来、約2年ぶり。ミニアルバム『i』(アイ)のリリースが発表されると、SNSなどでもファンから「萌音ちゃんの歌声が聴きたい!」との投稿が殺到した。

本イベントには、Twitterでイベントに応募した人の中から、抽選で選ばれた150名と、上白石萌音ファンクラブ「le mone do」(レモネード)の会員50名の計200名を招待。

開演時間になると、ミニアルバム『i』(アイ)収録曲「永遠はきらい」を歌いながら、上白石萌音がステージ中央の扉から登場! 「皆さん、こんばんは! 上白石萌音です!」と挨拶をすると、客席から大歓声。さらに上白石自身が突然ステージから客席に降り、そのまま観客にハイタッチをするサプライズに、観客は大興奮となった。

続くトークでは、作詞にYUKI、作曲・サウンドプロデュースにn-buna(ヨルシカ)を迎えた新曲「永遠はきらい」のことなど、ミニアルバム『i』(アイ)の制作の秘話を披露。続いて歌ったのは、自身が作詞で参加した「ひとりごと」。“片思いの恋”をテーマに書いたこの曲は、上白石が初めて「恋」をテーマに歌詞を書き下ろした切ないバラードだ。

そして、今回のライブでは、観客からあらかじめ「上白石萌音に聞いてほしいエピソード」を募集。高校生の「好きな人が出来ました。でもその人の前では全然話せない。何か話のきっかけになること教えてほしい!」とのエピソードに「消しゴム落として、拾ってもらっちゃうとか?(笑)」とアドバイスをすると、客席が笑顔に包まれた。

さらに「妻と初めて会った日、帰る方向がたまたま同じで、一緒に帰ることに(中略)電車が車両故障でしばらく停車してしまい、このままずっと停まってくれたらいいのにと思った」とのエピソードには「こういうお話を聴くと“恋っていいなぁ~”と思いますよね」と、観客と感動を共有する場面もあった。

そして、最後の曲として披露されたのは「ハッピーエンド」。4月に自身主演の映画『L▽DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』の主題歌として配信シングルとしてリリースされ、現在までにサブスクリプションで380万再生を記録するこの楽曲を、客席ではファンが一緒に口ずさむ様子も。そして、アルバムのジャケット撮影に実際使用したリンゴ(模型)200個を200人の観客に配布し、集まった観客と上白石萌音との記念撮影を行いイベントは幕を閉じた。
※▽はハートマーク

上白石自身が「ライブがしたい!」と熱望してきたことから、ようやくその想いが実現したこの日のスペシャルライブ。女優としてはもちろん、アーティストとしての存在感を示す一夜となった。

リリース情報
2019.04.05 ON SALE
上白石萌音×内澤崇仁(androp)
DIGITAL SINGLE「ハッピーエンド」

2019.06.12 ON SALE
上白石萌音
DIGITAL SINGLE「永遠はきらい」

2019.07.10 ON SALE
上白石萌音
MINI ALBUM『i』(アイ)

上白石萌音 OFFICIAL WEBSITE
https://kamishiraishimone.com/

最終更新:7/11(木) 12:23
M-ON!Press(エムオンプレス)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事