ここから本文です

田口淳之介被告、傍聴券52・7倍 ファンら1265人「ジャニーさんも悲しんでいる」

7/11(木) 12:16配信

デイリースポーツ

 大麻取締法違反罪(所持)に問われた元KAT-TUNの田口淳之介被告(33)の初公判が11日午後、東京地裁で開かれる。東京・日比谷公園には24席の一般傍聴券を求め、1265人が並んだ。倍率は52・7倍となった。

【動画】こんな田口見たくなかった…地面に額すり付け土下座で謝罪

 傍聴券を求め並んだ中にはファンの姿も。20代の女性ファンは「真実を知るためにここに来た」と話し「更生してほしい。育ててくれたジャニーさんも悲しんでいると思う」と訴えた。

 12年前から田口被告のファンという20代女性はともに起訴された小嶺麗奈被告についても言及。「2人が付き合っている時から悪いイメージがあった」と話したが、薬物を絶つことができるなら「別れなくても良いと思う」と語った。

 30代の女性はKAT-TUNの新曲「GO AHEAD」を挙げながら「“前に進め”とメンバーたちも応援してくれていると思う。真実を話して欲しい」と語った。

 過去、有名人の初公判では、女性アイドルの際に6615人、元プロ野球選手の時は3769人、アーティストの時は2646人が傍聴券を求めて並んだことがある。

最終更新:7/11(木) 12:35
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事