ここから本文です

【仙台】GKシュミット、有終のホーム7連勝でヨーロッパの舞台に羽ばたく

7/12(金) 6:08配信

スポーツ報知

 J1ベガルタ仙台は13日のホーム・鹿島戦へ向けて11日、非公開練習(報道陣に冒頭20分のみ公開)を行った。

 ベルギー1部・シントトロイデンへ移籍する日本代表GKシュミット・ダニエル(27)は、次戦がラストマッチ。ホーム7連勝を決め、弾みをつける。仙台の6月度MIP(最も印象的な選手)はDFシマオマテ(31)。全勝した6月のリーグ戦4戦全てに先発し、センターバック(CB)の一角で堅守の中心を担った。

 待望の海外挑戦を控えた仙台不動の守護神が、最後の仕事を果たす。シュミットは「特別な感情を今、抱くことはない。いつも通りの準備をして、試合に臨む」。自身のベストパフォーマンス、そして勝利をユアスタのサポーターたちに見せるため、平常心を意識し、調整を進める。

 今夏、シントトロイデンへ完全移籍するため、仙台の一員として戦うのは鹿島戦が最後。今季はここまで、リーグ全18戦にフル出場。チーム唯一のA代表で副主将も務めるクラブの顔として先導してきた。渡辺晋監督(45)は「戦力として抜けるのは当然痛いですけど、また我々のクラブからヨーロッパの舞台に羽ばたく選手がいることは誇らしい」と目を細めた。

 現在ホーム6連勝中。シュミットは「ホームで連勝の勢いはある。鹿島は間違いなく強い相手で簡単には勝たせてくれないと思うけど、サポーターの声援を後押しに7連勝したい」と気合を入れた。アジア王者・鹿島を撃破し、歓喜と共に仙台から世界へ羽ばたく。(小林 泰斗)

最終更新:7/13(土) 17:15
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい