ここから本文です

【横浜C】カズ、俊輔の加入「一緒にやるのが楽しみ」…41歳レフティーは「超一流」と絶賛

7/12(金) 6:08配信

スポーツ報知

 元日本代表MF中村俊輔(41)がJ1磐田から、J2横浜Cへ完全移籍することが11日、発表された。FW三浦知良(52)とは初めて同僚となり「楽しみ」と新しい刺激に胸を躍らせた。背番号は46。日本を代表する“レジェンド”が強力タッグを組み、J2のピッチを熱く盛り上げる。

 横浜Cの三浦知良は11日、横浜市内で取材に応じ、中村の加入を「一緒にやるのが楽しみ」と歓迎した。

 代表では4試合で競演し、何度も食事に行ったことがある中村のプレーを「41歳でも衰えない技術、経験、戦術眼とどれを取っても超一流」と絶賛。「俊輔がいるだけで僕自身もアドレナリンが上がる。J1昇格に向けて大きな力になってほしい」と期待した。

クロスから頭で 中村の代名詞の背番号10はFWイバがつけており、今月上旬の移籍報道後に「オレの11番をあげていいですよ」と自身の背番号を譲るプランを披露したカズ。ただ、中村と連絡は取っておらず「11番は好きじゃないみたい。何の反応もなかったよ」と苦笑。中村の背番号は46番に決定したが「足して10かな? 全然ピンとこないね…」。

 11歳下の中村を「選手によってパスの種類を使い分けられるし、セットプレーも世界を代表するレベル」とベタ褒め。“黄金の左足”からの高精度なクロスを「俺の頭にも当ててほしいね」と、レジェンド同士のホットラインでゴールを決めるイメージを膨らませた。

 ◆下平監督、俊輔の起用法は慎重

 横浜Cの下平隆宏監督(47)は11日、中村の起用法について「元々はトップ下、セルティック時代は右サイド、今はボランチでゲームをつくることもできる。来てみてどうフィットするか見極めたい」と来週のチーム合流後に判断する方針を明かした。カズ、MF松井大輔、GK南雄太ら日本代表経験者の豪華競演に注目が集まるが「そうなったら最高ですね。日本の宝がたくさんいます」と笑った。

最終更新:7/13(土) 17:39
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ