ここから本文です

【ツール・ド・フランス2019 第5ステージ結果速報】強さを見せたサガンが集団スプリントを制す!ツール区間優勝通算12勝目!!

7/11(木) 6:09配信

J SPORTS

第5ステージはツール初登場のサン・ディエ・デ・ヴォージュをスタートし、ドイツ国境付近のコルマールへと向かう175.5kmの旅、途中無印を含め5つの峠を越える“逃げ向き”のステージ。

Cycle*2019 ツール・ド・フランス 第5ステージ ハイライト

アクチュアルスタートが切られると大逃げ狙いの選手たちのアタック合戦が繰り広げられ、20kmほど進んだところでサイモン・クラーク(EFエデュケーションファースト)、マッズ・ウルスシュミット(チーム カチューシャ・アルペシン)、山岳賞ジャージ着用のティム・ウェレンス(ロット・スーダル)、トームス・スクウィンシュ(トレック・セガフレード)の4選手での逃げグループが容認された。

3級グランデルブリュッシュ峠と2級オー・クニクスブール峠をウェレンスが先頭通過、この逃げで山岳ポイント10pts積み重ね山岳賞ジャージのキープに成功。中間スプリントポイントはクラークが先頭通過、集団ではエリア・ヴィヴィアーニ(ト゛ゥクーニンク・クイックステッフ゜)、ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)、マイケル・マシューズ(チームサンウェブ)の順で通過。

残り距離37km、2級トロワエピ峠でスクウィンシュが抜け出し単独走を開始。メイン集団はボーラ・ハンスグローエ、ト゛ゥクーニンク・クイックステッフ゜、チームサンウェブらの牽引でクリストフ・ラポルト(コフィディス、ソリュシオンクレディ)、カレブ・ユアン(ロット・スーダル)、アレクサンドル・クリストフ(UAEチームエミレーツ)、ヴィヴィアーニ、アンドレ・グライペル(チーム アルケア・サムシック)ら、スプリンターたちが続々と遅れ始めた。

独走しているスクウィンシュが山頂を先頭通過、残り距離22km地点でメイン集団に吸収されるも敢闘賞を獲得した。3級サンク・シャトーはクサンドロ・ムーリッセ(ワンティ・ゴペールサイクリングチーム)が先頭通過、長いダウンヒルをこなしサンウェブのコントロールでフィニッシュ地を目指す。

1/4ページ

最終更新:7/11(木) 6:09
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事