ここから本文です

ヴェクロスのワイヤレススピーカーSPW-500WP。シアターとしての用途も視野に入れて新登場

7/11(木) 17:03配信

Stereo Sound ONLINE

 「魔法びんのパイオニア」サーモスが展開するオーディオブランドVECLOS(ヴェクロス)から、BluetoothスピーカーSPW-500WPが9月1日に発売される。1筐体に左右のスピーカーを収めた一体型タイプで、IPX5の防水仕様。バッテリーを内蔵し、連続再生時間12時間を保証するポータブルタイプの製品だ。オープン価格で、実勢価格は3万7,000円前後。

 SPW-500WPは「シアター」としての用途を訴求しており、PCやタブレット端末で映像ストリーミングサービスを楽しむ際の音質強化を提案している。ここで重要なのは、本機を画面の後ろに設置しても問題ないとしていること。スウェーデンの「Dirac」(ディラク)による音響補正技術により、周波数特性・インパルス応答性補正のほか、音場拡張制御を実施。本体の左右に分離して配されたユニットからの音源が混濁しないよう、コントロールすることを目指しているのだ。この機能は音源によっていつでもオン/オフの切り替え自在。映画や音楽といったコンテンツに応じて選び分けができる。

 また、ユニットにはL/Rスピーカーそれぞれに40mmフルレンジを使い、やはりそれぞれにパッシブラジエーターを対向配置。左右が独立した筐体になるようモジュールのようになっていることも、分離のいい音を実現するためのポイントになっているという。このモジュール状の筐体が「真空エンクロージャー」になっており、軽量と高剛性を得ていることがヴェクロス製品のアイデンティティでもある。さらに、低域再生の強化にはパイオニアの独自技術「BEAT BLASTER」を採用。最適な倍音を付加することにより、低音の再現性確保を狙う。

 なお、BluetoothのコーデックはAACとaptXに対応する。無線による接続のほかにはアナログ音声入力1系統(3.5mmステレオミニ)、USBタイプBマイクロ端子1系統を装備。PCと接続して最大48kHz/16ビットのPCM信号を再生することもできる。



<WIRELESS SPEAKER SYSTEM >
VECLOS
SPW-500WP
オープン価格(実勢価格3万7,000円前後)
●使用ユニット:40mmフルレンジ×2
●対応サンプリング周波数/量子化ビット数:~48kHz/16ビット
●Bluetoothコーデック:SBC、AAC、aptX
●寸法/質量:W261×H91×D72mm/約1.1kg
●カラリング:ブラック、ホワイト(写真、ほかにブラック有)
●問合せ先:サーモス(株)TEL. 0570-066966

最終更新:7/11(木) 17:03
Stereo Sound ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事