ここから本文です

ドライバーの“M6”お気に入りの理由は「疲れたときでも高い球が打てること」契約フリー・宮里美香の14本

7/11(木) 11:31配信

みんなのゴルフダイジェスト

1989年生まれ、沖縄県出身の宮里美香(みやざと・みか)。2010年の日本女子オープンで初優勝。2012年にはセーフウェイクラシックで米ツアーでも初優勝を飾るなど、日米通算3勝を挙げる実力者。そんな彼女が選ぶ14本のクラブとは?

宮里美香の14本はこちらから

契約フリーだから、自分の状態とコースに合わせて、クラブを試しています

今季から主戦場を米ツアーから国内へと移した宮里美香。アースモンダミンカップまでの13試合でトップ10入り5度と、安定感はさすがと言ったところ。昨年、QTを27位で通過、年間を通して国内ツアーを戦うのは初めてだが、「いろいろな経験を経たことで、シンプルにゴルフを楽しむことができています」と充実感を口にする。

「オフにしっかりトレーニングしたので、ドライバーの飛距離が伸びました。ただ、あまり自分を追い込まずに、ゴルフを楽しみたいと思っています。米ツアーと比べても、試合会場の移動距離が短く、体力的な部分では負担も少なくすんでいます」

ギアに関しては、「契約フリーなので、自分の今の状態とコースに合わせて、いろいろと試しながら決めています。求めているのは弾道の高さ。疲れてくると球が上がらなくなるので、それをクラブでカバーできればと思っています。今使っている『M6』は、自然に高い球が出てくれているので、気に入っています」と手ごたえを口にする。

経験豊富なキャリアがあるとはいえ、今シーズンは最低でもシード権を確保しなければならない勝負の年だが、「自分のゴルフと向き合うことだけ考えています」と本人は冷静そのもの。前半戦の総決算となるアースモンダミンカップでは、今季最高の2位タイ。2013年の日本女子オープン以来の久々の優勝は、シーズン後半戦の現実的な目標となっている。

【宮里美香の14本】
1W:テーラーメイド M6(ロフト9度、ディアマナ BF60、硬さSR)
3W・5W:キャロウェイ ローグ(ロフト15度・19度、ディアマナ BF60、硬さSR)
3UT・4UT:ブリヂストン ツアーB XD-H(21度・24度、フブキ AX350、硬さS)
5I~PW:ミズノプロ 518(NSプロ 850 GH、硬さR)
AW:タイトリスト ボーケイSM6 Fグラインド(51度、NSプロ プロトタイプ、硬さSR)
SW:タイトリスト ボーケイSM6 Sグラインド(57度、NSプロ プロトタイプ、硬さSR)
PUTTER:オデッセイ トライホット#2

撮影/岡沢裕行

みんなのゴルフダイジェスト編集部

最終更新:7/11(木) 11:31
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事