ここから本文です

はやぶさ2、2回目のタッチダウンに成功。今後は夏頃に小型ロボットを投下

7/11(木) 20:45配信

sorae 宇宙へのポータルサイト

探査機「はやぶさ2」のプロジェクトチームは、小惑星「リュウグウ」への2回目のタッチダウンが成功したことを確認しました。

7月10日に高度2万メートルから降下を開始したはやぶさ2は、11日には自立運転に切り替え、ターゲットマーカーを目指して高度を下げていました。そして、11日午前、無事着陸ミッションを成功させました。

今回はやぶさ2は、4月に弾丸を打ち込むことで作成した人工クレーター付近へと着陸しています。そして、クレーター作成時に露出した、リュウグウの内部の岩石の採取を目標としています。

はやぶさ2は、今年2月に初となるリュウグウへの着陸に成功しました。今後は夏頃に小型ロボットをリュウグウへと投下し、10月~11月にはリュウグウを離れ、2020年末に地球へと帰還する予定です。

塚本直樹

最終更新:7/11(木) 20:45
sorae 宇宙へのポータルサイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事