ここから本文です

米大統領、イランのウラン濃縮非難 「制裁を間もなく大幅強化」

7/11(木) 10:34配信

ロイター

トランプ米大統領は10日、イランが2015年の核合意に違反して、ウラン濃縮度を引き上げたことを非難し、同国に対する制裁措置を間もなく大幅に強化すると述べた。
大統領は、「イランは長らく『秘密裏』にウランを濃縮してきた」とし、「制裁措置は間もなく大幅に強化される」とツイッターで警告した。
トランプ氏が昨年、核合意からの脱退を表明して以来、緊張が高まっている。
イラン報道官は8日、濃縮度4.5%突破したと言明。核合意が設定する上限の3.67%を超えた。
イランは、核合意の下で容認されるとの認識を表明した。
国際原子力機関は10日、ウィーンで緊急会議を開き、イランの最近の核活動について議論した。
ホルムズ海峡では相次いでタンカーが攻撃され、米政府はイランなどが支援する武装勢力が背後にあるとみなしている。
米軍のダンフォード統合参謀本部議長は9日、米国は中東を航行するタンカー護衛の「有志連合」を提唱した。
米国は、イランに核協定の再交渉を求め最大限の圧力をかけているが、イランは拒否している。

最終更新:7/11(木) 10:34
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事