ここから本文です

食料品の税率はどう変わる? 消費税増税に合わせ、高校生が軽減税率を学ぶ 岡山・和気町

7/11(木) 18:18配信

KSB瀬戸内海放送

 今年10月の消費税増税にあわせて、食料品などを8パーセントに据え置く軽減税率を知ってもらおうと、岡山県和気町の高校で授業が行われました。

(日本一のだがし売り場を経営/秋山秀行 社長)
「おもちゃのほうがお菓子より大きいから、これは10パーセントだ。そういう理由をつけて安いお菓子がいっぱい引っ掛かって全部10パーセントになるんです。」

 和気閑谷高校で授業をしたのは、瀬戸内市で「日本一のだがし売り場」を経営する秋山秀行社長です。

 消費税増税にあわせて食料品などに適用される軽減税率で駄菓子は主に、おもちゃが付いているか付いていないかで適用かどうかが分かれます。

 秋山社長は、税率が違うことで大手スーパーなどが税率が高い駄菓子の販売を避けるため、おもちゃ付きの駄菓子がなくなる可能性があると話しました。

(生徒はー)
「8パーセントから10パーセントになるっていうのは、テレビとかでもうすうす聞いてたりはしたけど、細かいことで8パーセントと10パーセントが変わるっていうのは考えたことがなかったです」

最終更新:7/11(木) 18:32
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事