ここから本文です

「希望与えてくれた」ジャニーさんしのぶ 森田・千葉県知事

7/11(木) 13:38配信

千葉日報オンライン

 森田健作・千葉県知事(69)は11日の定例記者会見で、数々の男性アイドル・グループを育て、87歳で亡くなったジャニー喜多川さんについて「人に希望を与える、笑顔、人の良いところを引き上げる-の3点を学んだ」と振り返り、希代のプロデューサーとの別れを惜しんだ。

 森田知事が俳優デビュー間もない頃、ジャニーさんが社長のジャニーズ事務所の人気グループだったフォーリーブスの番組に呼ばれ、初めて会ったという。「ジャニーさんは、19歳になったばかりの“ぺーペー”の自分に対しても笑顔で、お世辞だと思うが『ジャニーズ事務所に欲しかった』と言ってくれ、希望を与えてくれた」と懐かしんだ。

最終更新:7/11(木) 16:15
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事