ここから本文です

ファンデーションやハイライト代わりにも。ベースメークは【筆コンシーラー】1本でできる!

7/11(木) 16:00配信

magacol

筆コンシーラーが、近年パワーアップしています!カバー力が上がり、ツヤが増し、これ1本でファンデーションやハイライト代わりに大活躍。小さなバッグにもするんと入るコンパクトさで、メーク直しもこれ1本でオーケー♪

今までの筆コンシーラーが進化中!使い方もさまざま。ただ悩みを隠すだけのものじゃなくなりました

A スムーズに伸び、狙った部分にはピタッとフィット。リキッドコンシーラー 全4色 各¥5,500(アンプリチュード)
B 重ねても溶け込むように馴染み、透明感と清潔感を引き出します。ラディアント クリーム コンシーラー 全3色 各¥5,000(SUQQU)
C しなやかさはそのままに、カバー力がぐんとアップ。ラディアント タッチ ハイカバー 全3色 各¥5,000(イヴ・サンローラン・ボーテ)
D 赤や黄色の光の反射効果で、色ムラを瞬時に解消。クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュール エクラプールレジュー 全4色 各¥6,000(資生堂インターナショナル)

使い方(1):アイシャドウベースとして
適度なカバレッジとシアー感があるから、スッスッと2~3本ラインを引いて指で馴染ませると、くすみレスに。

使い方(2):クマをカバーしてパッと明るく
適度なカバー力と透明感で、クマもなかったことに。ごく薄膜なので、表情の動きによるヨレも目立ちません。

使い方(3):小鼻の毛穴隠しも1本で簡単に
小鼻の毛穴や赤みにも。狙ったところをピンポイントでカバーでき、ファンデより厚塗りになりません。

使い方(4):小さなバッグにラクラク入る
トレンドの小さなバッグにもペン型だからするっと入ります。コンパクトを持ち歩くよりずっと身軽。


2019年『美ST』7月号掲載
撮影/峠 雄三(人物)、大槻誠一(静物) ヘア・メーク/シバタロウ〈P-cott〉 モデル/仁香 スタイリスト/菊地ゆか 取材/吉田瑞穂 編集/佐久間朋子

最終更新:7/11(木) 16:00
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事