ここから本文です

特急かもめ、異音感知し停止 トンネル上部でボーリング 長崎

7/11(木) 14:29配信

西日本新聞

 11日午前10時半ごろ、長崎市のJR長崎線の浦上-現川(うつつがわ)間にある長崎トンネル(約6キロ)内で、長崎発博多行き特急かもめ16号(6両編成)が異音を感知したため停止した。JR九州によると、先頭車両の左側面が一部損傷しており、トンネル上部で行われていたボーリング作業が原因の可能性があるという。乗客約150人にけがはない。

 列車は約1時間半後に運行を始め、乗客は次駅でバスに乗り換えた。上下線とも運転を見合わせている。

 JR九州によると、トンネル上部で地面を掘るボーリング作業が行われており、機材が天井部分を突き抜けた状態という。

西日本新聞社

最終更新:7/11(木) 14:29
西日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ