ここから本文です

リヴァプール、プレミア史上最年少デビューを果たした“16歳”を獲得へ

7/11(木) 19:36配信

SPORT.es

BBCの報道によると、リヴァプールはプレミアリーグ史上最年少デビューを果たした選手、ハーヴェイ・エリオットと契約を結ぶという。

バルサとレアルの争奪戦 久保に続き次は“プレミアの至宝“を狙う

弱冠16歳のハーヴェイ・エリオットは昨シーズン、15歳174日でフルハムでリーグカップ、16歳30日でプレミアリーグにデビューを果たした。

同報道によると、リヴァプールはこのイングランドの真珠の獲得レースにおいて
パリ・サンジェルマン、レアル・マドリーなどその他のビッグクラブをリードしているようだ。
FCバルセロナもこの若きMFの獲得に関心を示していた。

偶然にも彼が史上最年少記録を更新するまで同記録を保持していたのもフルハムの下部組織出身マシュー・ブリッグスだった。
同選手は2007年に16歳68日でデビューを果たした。

エリオットの獲得が実現した場合、彼は今夏の市場でレッズに加入する2人目の若きホープとなる。
リヴァプールは既にPECズヴォレから17歳のオランダ人DFセップ・ファン・デン・ベルフを移籍金200万ユーロ(2億4,000万円)+インセンティブ300万ユーロ(3億6,000万円)で獲得している。

(文:SPORT)

最終更新:7/11(木) 19:36
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事