ここから本文です

錦織撃破で大会通算100勝フェデラー「ファンから教えてもらった」<ウィンブルドン>

7/11(木) 18:47配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は10日、男子シングルス準々決勝が行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)が第8シードの錦織圭を4-6, 6-1, 6-4, 6-4の逆転で破り、ベスト4進出を果たした。試合後の会見では「序盤は大変だった。第2セットのスタートでギアを上げることが大切で、それができた」と振り返った。

【フェデラー 錦織は「欠かせない」】

2時間36分で錦織を下して大会通算100勝目をあげたフェデラーは「サインをしている時、ファンから教えてもらった。『100勝おめでとう』と言ってくれたんだ」と明かした。

準決勝でフェデラーは、第3シードのR・ナダル(スペイン)と対戦する。

両者は40度目の対戦で、フェデラーの15勝24敗。直近は今年6月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)準決勝で、ナダルにストレートで敗れている。ウィンブルドンでは2008年の決勝以来11年ぶりの顔合わせ。

フェデラーは「彼(ナダル)は、ここ数年でこのサーフェスで目覚ましい向上をしている。前とは全く異なったプレーをするようになった。このサーフェスでは本当に長いこと一緒にプレーをしていない。昔の彼のサービスを覚えている。今はもっと強烈で、ポイントの終わらせ方も速くなった」と述べた。

「彼が健康でプレーし続けているのは、さすがと感じるよ。多くの人が2008年までに終わると言っていた。僕も2009年に似たようなことを言われた。でも、まだ僕らはここにいる。また一緒に試合できるのは素晴らしいことだ」

「タフになるのは分かっている。彼はどのサーフェスでも、みんなを苦しめる。彼はクレーだけのスペシャリストではない」

最終更新:7/11(木) 18:47
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事