ここから本文です

ハレプ 初の決勝進出で四大大会2勝目王手、スイトリナにストレート勝ち<ウィンブルドン>

7/11(木) 22:22配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は11日、女子シングルス準決勝が行われ、第7シードのS・ハレプ(ルーマニア)が第8シードのE・スイトリナ(ウクライナ)を6-1, 6-4のストレートで破り、初の決勝進出を果たした。

【大坂に完敗 女王ハレプは落胆】

昨年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で四大大会初優勝を飾った元世界ランク1位のハレプはドロップショットを多用するなどスイトリナのミスを誘い出し、1ゲームしか与えずに第1セットを先取する。

第2セットもハレプがフォアハンドウィナーを決めて第7ゲームでブレーク。スイトリナから主導権を握り、ウィンブルドン初制覇に王手をかけた。

決勝戦は、第11シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)と世界ランク54位のB・ストリツォワ(チェコ)の勝者と優勝をかけて対戦する。

一方で、負けたスイトリナは四大大会初の決勝進出とはならなかった。

最終更新:7/11(木) 22:30
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事