ここから本文です

3歳のイヤイヤは今までと違う!パパの楽しくなっちゃう育児法

7/11(木) 11:15配信

LIMO

2歳のイヤイヤ期が終われば、もう少し楽になるのかなと思ったら真逆…。3歳になったら「~したい!」「~はイヤ!」というわがままモードにパワーアップ。

受動的なわがままだった1~2歳時とは違い、能動的にわがままなのでパパママの負担は倍増しがちです。

こんなわがままな子どもについつい感情的に怒ってしまい、自己嫌悪に陥っているママ・パパは多いかもしれません。

そこでこの記事では、3歳になってわがままし放題の子どもへの対処法をご紹介します。

なぜ3歳児はわがままなのか?

そもそも、なぜ3歳児はわがままになるのでしょうか。
その理由は大きく分けて3つあります。

 1.できることが増える

3歳になると手先を使うのが上手になり、これまでできなかった細かな作業などもできるようになります。
これまで自分1人でできなかったことが、できるようになることが増え、様々なことに自信がついてくるのです。

そうなると、なんでも自分でチャレンジしたくなります。「あれもできる」「これもできる」という想いが、わがままという形で現れるようになるのです。

 2.好奇心が旺盛である

3歳になると好奇心が芽生え、様々なモノやコトに対して、「あれは何?」「これはどうして?」という考えが生まれるようになります。

実際に自分でやって確かめたくなることも増え、どんなことでも一度やってみたくなるのです。
親からすれば危険を感じてしまうことも多く、「わがまま」だと認識されます。

 3.自分の意志がはっきりしている

1,2にも共通しますが、自分の意志を明確に示すことができるようになっているのも理由の1つです。

3歳児のわがままは、1~2歳時のイヤイヤ期よりも心が成長しており、明確な自分の意志を持っています。

自分の意志がはっきりしているという成長は、親としては喜ばしい側面もありますが、自己中心的な意志であったり、危険な意志に関しては、親が止めなければなりません。

1/2ページ

最終更新:7/11(木) 11:30
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事