ここから本文です

スタントマンによる交通安全教室 砺波

7/11(木) 16:09配信

北日本新聞

 砺波署と県警は11日、砺波市般若中学校で、スタントマンの実演による交通安全教室を開き、児童と生徒が自転車の安全な乗り方を学んだ。

 自転車をよく利用する子どもたちに事故の衝撃や怖さを実感してもらおうとJA共済連富山と協力して開催。市小規模校連携事業も兼ねており、般若、庄川中学校と庄東小学校の児童計約200人が参加した。

 テレビや映画で活躍するカースタントチーム「スーパードライバーズ」(東京)のメンバー6人が、2人乗りや傘差しなど危険な運転をしながら車やバイクに衝突する事故を再現。周囲には大きな衝突音が響き、生徒らからは驚きの声が上がっていた。

北日本新聞社

最終更新:7/11(木) 16:09
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事