ここから本文です

【あなたは何しに?】インディカーで活躍するエリクソンのトレーナーが、ダニール・クビアトを担当したわけとは

7/11(木) 13:35配信

オートスポーツweb

 F1シーズンを転戦していると、いろいろな人との出会いがある。今回は、2018年までF1に参戦していたマーカス・エリクソンのトレーナーで、オーストリアGPではトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトを担当したアレックス・エルグをご紹介。

F1第9戦オーストリアGPでダニール・クビアトのトレーナーを務めたアレックス・エルグ

──────────

 第9戦オーストリアGPが行われていたレッドブル・リンクのパドックで、レッドブルとトロロッソのモーターホームであるホルツハウスに入ろうとしたら、トロロッソのチームウェアを着た人物に笑顔であいさつをされた。


 2018年までF1を戦っていたスウェーデン人のマーカス・エリクソンのトレーナーを務めている、同じくスウェーデン人のアレックス・エルグだ。

 エルグの父親は1980年代に日本のF2選手権に出場するなど、世界を渡り歩いた名レーシングドライバーのエイエ・エルグ。アレックスも、モトクロスのライダーとしてMX3クラスで世界選手権に参戦していた経験があるが、その後、現役を引退してトレーナーに転身した。

 父親のエイエ・エルグがマネージャーを務めるエリクソンが2014年にF1にデビューすると、アレックスがトレーナーとしてエリクソンのサポートを行うようになった。しかし、エリクソンはF1でのレギュラードライバーとしてのシートを2018年末に失い、2019年はアメリカのインディカー・シリーズへ転向したため、アレックスもスウェーデンを離れて、アメリカへ渡った。

 6月上旬にデトロイトで開催されたインディカー・シリーズ第8戦のレース2では、エリクソンは勝利したスコット・ディクソンに1.9419秒差と迫る2位表彰台を獲得した。エリクソンにとっては、2013年のGP2以来の表彰台。サポートし続けてきたアレックスも喜びを分かち合った。そのアレックスがどうして、F1に来ていたのだろうか?

「じつはシーズンが始まる前に、ダニール(・クビアト)から『オーストリアGPで僕のトレーナーを務めてほしい』と言われていたんだ。彼のトレーナーがオーストリアGPに来られないことが決まっていたからね」

 ただし、理由はそれだけではない。

「このオーストリアGPのあとに、ここで行われるピレリのタイヤテストに、マーカスが参加するしね」

 アルファロメオのレギュラードライバーとしてのシートはキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィに奪われたエリクソンだが、サードドライバーとしてチームとの関係は継続している。今回のピレリのタイヤテストはアルファロメオが担当し、エリクソンがサードドライバーとしてテストを行ったからだ。

 オーストリアGPとその直後に行われたピレリのタイヤテストも無事に終了し、アレックスは今週末にカナダ・トロントで開催されるインディカー・シリーズに戻っていった。しかし、9月に再び、F1に来るという。

「ダニールのフィジオが再び、イタリアGPを欠席し、インディカーもないため、私がその代役を務めるんだ。その後もメキシコGPとブラジルGPに行くことになっている」とアレックス。

 F1時代よりも、忙しく充実した日々を送っていた。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7/11(木) 13:40
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事