ここから本文です

鈴鹿8耐:エヴァレーシングの出口修が離脱。新たにベルギー人ライダーが加入

7/11(木) 20:58配信

オートスポーツweb

 7月25日~28日に鈴鹿サーキットで開催されるFIM世界耐久選手権(EWC)の最終戦鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会に参戦するエヴァRT初号機Webike Tati Team TRICK STARは、7月11日にライダーの変更を発表。出口修がチームを離れることになった。

【画像】2018年の鈴鹿8耐を戦ったエヴァンゲリオンレーシングのカワサキZX-10RR

 エヴァンゲリオンレーシングは2010年からTRICK STAR Racingとタッグを組んで鈴鹿8耐に参戦しており、2019年で10度目の挑戦を迎える。

 チームの母体となるTRICK STAR Racingは、2018-2019シーズンからフランスのTati Teamとタッグを組み『Webike Tati Team TRICK STAR』としてEWCにフル参戦。マシンはカワサキZX-10RRを使用し、現在36ポイントを獲得してランキング13番手につけている。

 トリックスター・レーシングの鶴田竜二代表は、出口の離脱について「話し合いの結果、お互い納得の上で今回の決断に至りました」と明かし、「出口選手のこれまでのチームに対しての多大なる貢献に感謝するとともに、今後のご健闘を心から願っております」と感謝を述べている。

 出口の離脱と同時に、チームは新たなライダーを起用すると発表。レギュラーライダーのジュリアン・エンジョラス、ケビン・デニスに加え、前戦EWC第4戦オッシャースレーベンに参戦したベルギー人ライダーのバスティアン・マックルスがチームに加入することになった。

 マックルスは、2016-2017シーズンのEWCでスーパーストッククラスのチャンピオンを獲得。その他、母国のベルギー選手権やドイツ選手権でもタイトルを獲得した経験を持つ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7/12(金) 12:20
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事