ここから本文です

海外流出した西周時期の青銅器2個が「帰国」 公開 山西省

7/11(木) 18:40配信

CNS(China News Service)

【CNS】中国・山西省(Shanxi)太原市(Taiyuan)山西青銅博物館(Shanxi Bronze Museum)で8日、警察が海外から取り戻した文化財の青銅器「義尊(Yizun)」と「義方彝(Yifangyi)」が館内に運び込まれ、報道陣に公開された。

【写真】取り戻された西周時期の青銅器「義尊」

 国家1級文化財の「義尊」と「義方彝」は、西周時期(紀元前1000年頃から紀元前800年頃)の早期のもので、全く同じ銘文が彫られている。

 同じ墓から盗掘され、海外に流出していたが、山西省警察がこのほど、取り戻すことに成功した。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

最終更新:7/11(木) 18:40
CNS(China News Service)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事