ここから本文です

MINI初の量産型EV「MINIクーパーSE」発表。EVになってもゴーカートフィーリングは健在

7/22(月) 8:35配信

carview!

独BMWは7月9日、MINIブランド初となる量産仕様のピュアEV「MINIクーパーSE」を発表した。

【写真をもっと見る(16枚)】

MINIとして初の100%電気自動車(EV)となるクーパーSEは、MINIの3ドアハッチバックをベースに、パワーユニットを最高出力184hp、最大トルク270Nmを生み出すモーターに換装したもの。シート下には32.6kWhのリチウムイオンバッテリーが収められ、最大270kmの航続距離を達成している。

バッテリーセルをT字型に配置したことで、ベースモデルとまったく同じ211リッターのラゲッジスペース(後席を倒した状態では731リッター)を確保していることもアピールポイントだ。

駆動方式はMINI伝統のFFで、EV化により車重が145kg増の1365kgとなったにもかかわらず、トルクフルなモーターの効果で0-100km/h=7.3秒というなかなかの俊足ぶり。充電は家庭用電源のほか最大50kWの急速充電に対応し、80%までのチャージ時間は前者で2時間半、後者で35分とされている。

もちろん、MINIならではのゴーカートフィーリングは不変。さらに、クーパーSEではバッテリーを床下に収めたことで、クーパーSに比べ重心が30mm下がり、スモールセグメントとしては異例のコーナリング性能を実現したという。DSCも即座に最大トルクが立ち上がるEVの特性に合わせリセッティングされ、ドライブトレーン直結タイプのコントロールユニットを採用したことで、作動スピードもさらに短縮している。

また、BMWのEVは強力な回生ブレーキによりアクセルペダルのみで運転可能な「ワンペダルフィーリング」が特徴だが、クーパーSEではブレーキング時の回生レベルを2段階から選択できるようにした。

内外装も差別化が図られ、エクステリアではフロントグリルやリアエプロン、さらにはホイールがクーパーSEだけの専用デザインとなるほか、EVであることを示すイエローのアクセントが随所に入れられる。一方のインテリアには、フルデジタルのメーターパネルやジョイスティックタイプのギアセレクターレバーなどの特別な装備が奢られている。

生産は本年11月から英国オックスフォード工場で行われ、その後顧客へのデリバリーが始まる予定だ。

株式会社カービュー

最終更新:7/22(月) 8:35
carview!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事