ここから本文です

『ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー』全国ツアー開幕!

7/12(金) 11:21配信

チケットぴあ

60種類以上の楽器と色鮮やかなフラッグを操る人気パフォーマンス集団「ブラスト!」が、 7月10日山形・シェルターなんようホール(南陽市文化会館)より全国ツアーをスタートさせた。

【そのほかの画像はこちら】

2003年の初来日以来11回の来日公演を開催し、 これまでに125万人を動員してきた「ブラスト!」シリーズ。 2016年、2017年にはディズニー音楽で構成された新シリーズ「ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー」を上演し、さらなる人気を博している。

ディズニー音楽と3度目の共演となる2019年の「ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー」では、映画『メリー・ポピンズ リターンズ』より『小さな火を灯せ (トリップ・ア・リトル・ライト・ファンタスティック)』、大ヒット上映中の映画『アラジン』より『フレンド・ライク・ミー』などの新曲が登場。「ブラスト!」ならではの独創的なアレンジで、楽曲の新たな魅力を引き出している。演出のみならず、編曲、映像、照明、衣装のすべてが2017年公演よりバージョンアップ。1度観たことのある人も楽しめること間違いなし。さらに、「ブラスト!」恒例の休憩中のロビーパフォーマンスも健在。迫力のパフォーマンスを間近で観ようと多くの観客がロビーに詰めかけ、賑わっていた。

アンコールでは、「ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー」2019年全国ツアーを盛り上げるべく結成された「ブラスト!ガールズ」の遼河はるひ、永島聖羅、西野未姫、バービーがステージに登場。100日間の猛特訓を積んだ彼女たちが、「ブラスト!」メンバーとのセッションを披露。この模様は、7月13日(土)よりフジテレビほかFNS系列局で順次放送される特別番組にて明かされる。

総勢35名の出演者による圧巻の120分は、会場に詰めかけた満員の1,400人の観客たちによるスタンディングオベーションとともに幕を閉じた。

今回のツアーをもって「ブラスト!」卒業を発表しているパーカッションの石川直は初日を終え、「ものすごい楽しかったです。今までの『ブラスト!』以上に、お客さんと一緒に楽しめている感があって、特にアンコールはすごく楽しかった。これから全国であと58公演できるのが楽しみです。満足していただけると思います」とコメント。

同公演のスペシャルサポーターを務め、東京公演初日にはサックスプレイヤーとしてゲスト出演を控える武田真治もツアー初日を観劇。「素晴らしかったです!感動しました。迫力のステージで時間があっという間。魔法がかけられたディズニーの音楽にさらに迫力のパフォーマンス。これほど濃密なエンターテインメントはないんじゃないかと思うくらいでした」と感想を語った。

東京公演は8月20日(火)から9月1日(日)まで、東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11階)にて。ほか全国32会場で59公演を開催。

最終更新:7/12(金) 11:21
チケットぴあ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事