ここから本文です

九州北部豪雨から7年 阿蘇市で黙とう

7/12(金) 15:05配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

熊本県内に甚大な被害が出た九州北部豪雨災害から12日で7年です。
死者22人を出した阿蘇市では黙祷を捧げ亡くなった人を偲びました。

午前9時。サイレンと共に遺族や佐藤市長、職員などが、
被害が大きかった東を向き黙とうしました。
2012年7月12日に発生した九州北部豪雨では、阿蘇市乙姫で1日で500ミリを超える記録的な大雨となり、
阿蘇市や南阿蘇村などで25人が死亡、多くの住宅が浸水するなどの被害を受けました。
「今の時期になれば思い出してやっぱり早めの避難今年も私は3回避難しました」(遺族)
阿蘇市などでは、この災害を教訓にして「予防的避難」の重要性を呼びかけています。

RKK熊本放送

最終更新:7/12(金) 15:05
RKK熊本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ