ここから本文です

マッキャンエリクソン、アプリ分析プラットフォーム「App Ape」導入

7/12(金) 13:20配信

MarkeZine

マッキャンエリクソン、アプリ分析プラットフォーム「App Ape」導入

App Ape

 マッキャンエリクソンはフラーのアプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」を導入した。幅広い領域でスマホアプリの活用が広がる中、深い生活者理解に基づく広告コミュニケーションを実現する狙い。

App Ape

 フラーによると、アプリデータはアプリマーケティングにとどまらず、市場の状況や生活者の行動様式を捉えたコミュニケーションや事業戦略の策定にも活用できる。

 App Apeは、スマホアプリの実利用データを提供するアプリ分析サービス。テレビにおける視聴率情報のスマホ版のような位置付けで、どのアプリがいつ・誰に・どのくらい使われているかといったデータを確認できる。データは日本を含め世界7カ国に対応。

 スマホアプリの実利用データに加え、ストア情報や属性情報など横断的なデータを提供しており、市場・競合調査を始めとするアプリの企画・マーケティングに 利用されている。

最終更新:7/12(金) 13:20
MarkeZine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事