ここから本文です

ハンセン病 総理談話

7/12(金) 20:08配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

ハンセン病家族訴訟で、控訴を断念した政府は、「深く反省し、心からお詫びする」などとした、総理大臣談話を閣議決定しました。

「患者元患者とその家族の方々が強いられてきた、苦痛と苦難に対し政府として改めて深く反省し、心からお詫び申し上げます」(菅官房長官)

政府は、持ち回りの閣議で、ハンセン病家族訴訟をめぐる、控訴断念にあたっての「総理大臣談話」を決定しました。

「談話」では、元患者やその家族が強いられた、苦痛や苦難に対する「反省」と、「心からのお詫び」のほか、訴訟への参加・不参加を問わず、家族に対する新たな補償の措置を講じることも、盛り込まれています。

また、安倍総理が近く家族と直接面会し、こうした気持ちを伝える考えが示されています。

一方、同じく閣議決定された「政府声明」では、先月、熊本地裁で下された判決について、国家賠償法や民法の解釈などの、法律上の問題点があったことを指摘しています。

総理談話を受けて、原告団の林力団長は一定の評価を示したうえで、「今後は明確な補償のあり方や、啓発を求めていきたい」としました。

RKK熊本放送

最終更新:7/12(金) 20:08
RKK熊本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ