ここから本文です

リランキングを意識したらシードはムリ 脇元華はオンオフを大事に【リランキングを突破した注目娘たち】

7/12(金) 12:03配信

ゴルフ情報ALBA.Net

「アース・モンダミンカップ」で前半戦の日程を終えた国内女子ツアー。この大会後には第1回リランキングが行われ、優先出場権のシャッフルが行われた。ここで、中盤戦の出場権を手にした注目選手に、前半戦の振り返りや、今後の意気込みなどを聞いた。

脇元華のドライバースイングを連続写真でチェック!

昨年プロテストに合格、同年のファイナルQTで23位に入り今季の出場権を掴んだ脇元華。端正なルックスで話題が先行したが、地元・宮崎で行われた「アクサレディス」で4位タイに入るなど上位での活躍も見せるとともに、前半戦で予選落ちはわずかに1度という安定感も見せた。一方でケガとの付き合いなど苦労も。そんな前半戦を語ってくれた。

―前半戦を振り返っての感想を教えてください
足首のケガがあって、未だにいい感じには動いていなくて、足首が悪いなかでは予選落ちが1度だけだった。予選を通ったのは良かったと思います。ただ、賞金はまだ1100万円くらい。目標としていたよりは稼げていません。焦らずに後半戦はもっと上位にいけるようにしていきたいです。

―最初からリランキングは見ていない?
そうですね、リランキングを意識したらシードを獲れない。リランキングは当たり前と思っていました。

―予選突破が続いたことでの難しさは?
休むときがなかったので、オンとオフをしっかり切り替えてやっていました。月曜日は全休にするとか工夫しました。トレーニングのタイミングも足首の状況を見ながら、負荷をかけ過ぎて痛めたこともあったので。自己管理がまだまだでした。後半戦はその辺りもしっかりと。予選を通るだけみたいな順位ばかりだったので、もうちょっとトップ10に近づけるようにして行きたいですね。

―色々な経験ができた?
ルーキーという扱いで、自分も色々勉強しています。移動とかも慣れですし、息抜きの仕方も選手それぞれ。自分に合ったやり方をして、どれだけ試合に集中して持って行けるか。長く練習するのも大事だし、短い時間で集中するのも大事なので、その時々でいい方を選択できるように勉強中です。

―ホテル暮らしのなかで気持ちの切り替えは?
そこは慣れました。あとはオフの時にカラオケに行ったり映画を観に行ったりしてストレス発散しています。

―印象に残った試合は?
地元のアクサレディス(4位タイ)ですね。一番活躍できましたし、地元で、さらにホームコースということで、すごくやりやすいというのもありました。あとはほとんど初めてのコースなので、今年は色々勉強の年かなと思っています。

―では普段仲のいい選手を教えてください
大山志保さんとか笠りつ子さん、柏原明日架さん、木戸愛さん、あとは林菜乃子や松田鈴英とか。やはり同じ宮崎県出身の方が多いですね。大山さんとは色々話しますよ。「こんなことがあって~」、「マジで~」みたいなガールズトークもします(笑)

―もらってうれしいプレゼントは何ですか?
中学校の女の子から手紙をもらって、手作りのお守りもいただきました。今はキャディバッグにつけています。やはり小さい子から応援されるのはうれしいですね。あとはスターバックスのカード。一番つかっていると思います。

―逆に小さいころに憧れていた人は?
宮里藍さんに憧れていました。そしてやはり地元の志保さんはすごいなぁと思って見ていました。

―ファンからの呼び名は?
なんでもいいですよ(笑)。声かけていただけると元気が出ます。「ナイスバーディ」など言われると「よしっ」って思います。

―では最後に後半戦の目標を教えてください
後半戦は休みのオンオフをしっかりとやって、自分に足りていない部分を上手くやっていけるかが大事になってくると思います。そこを頑張りたいと思います。

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:7/12(金) 12:03
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事