ここから本文です

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019」、7月15日から応募受付開始

7/12(金) 6:00配信

Impress Watch

Watch HeadlineこどもとIT

「子どもたちがプログラミングを学び、自分でコンピュータを動かしたときの感動やつくった作品を発表する体験を通して、新しい世界への興味や関心を呼び起こし、将来への夢を育む」ことを目的とし、「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019」の応募受付が7月15日から開始される。本コンテストの開催は今年で9回目。

中学生と高校生を対象としており、過去1年以内に応募者自らRuby言語で作成したオリジナルプログラムという条件を満たせば、作品テーマは自由となっている。参加費は無料。ゲーム部門とクリエイティブ部門(Webアプリケーション、各種ツール、ロボット制御等ゲーム以外のプログラム作品)の2部門に分かれており、個人または団体で応募する。作品の募集期間は7月15日~9月30日。11月上旬に実施される一次審査を経て、12月7日にプレゼンテーションによる最終審査会が三鷹産業プラザ(東京・三鷹)で行われる。

本コンテストの主催となる中高生国際Rubyプログラミングコンテスト実行委員会は、プログラミング言語「Ruby」の普及活動を行っている10団体で組織されている。

Watch Headline,佐々木勇治

最終更新:7/12(金) 6:00
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ