ここから本文です

長﨑・木原のエリアカコンビ、中国ペアに敗れベスト4<卓球・オーストラリアオープン>

7/12(金) 18:42配信

Rallys

<ITTFワールドツアープラチナ・オーストラリアオープン 2019年7月9日~7月14日>

長﨑美柚の“かわいすぎる”ショートヘアにコメント殺到

12日、オーストラリアオープン・女子ダブルス準決勝に木原美悠(同66位・JOCエリートアカデミー)/長﨑美柚(同41位・JOCエリートアカデミー/大原学園)ペアが登場した。

相手は、先日の韓国OPで優勝を果たした中国の陳夢(チェンムン・同1位)/王曼昱(ワンマンユ・同5位)ペア。今大会、準々決勝で平野美宇(同9位・日本生命)/芝田沙季(同15位・ミキハウス)ペアを破っている。

「自分のサーブとレシーブがあまり上手くいかなくて、相手に先手を取られた」と木原が振り返ったように、中国ペアが終始主導権を握り、ゲームカウント0-3で日本ペアは敗れた。

長﨑も試合後、「最初から最後まで自分たちの持ち味を出すことができなかった。戦術の組み立てや大事な場面の凡ミスなど、自分たちはまだまだだったので負けてしまった」と中国との差を痛感したようだ。

ただ、木原・長﨑のエリアカ若手コンビは、香港オープン、ジャパンオープンでもベスト4に入っており、今大会もしっかりベスト4入賞。長﨑は17歳、木原は14歳とまだまだ伸び盛りの若手コンビ、今後の戦いも楽しみだ。

詳細スコア

木原美悠/長﨑美柚 0-3 〇陳夢/王曼昱(中国)
7-11/5-11/9-11

ラリーズ編集部

最終更新:7/12(金) 18:42
Rallys

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事