ここから本文です

つじあやのの楽曲がStarMachineProject公演の主題歌に決定

7/12(金) 18:07配信

チケットぴあ

9月6日(金)から8日(日)まで大阪・HEP HALLにて赤星マサノリのプロデュース公演「映像投影パフォーマンス StarMachineProject」の新作公演が開催される。

StarMachineProject『Scene2 はじまりの かんじょう そうこう』関連画像

今回はダンサーやラジオDJといった役者以外で活躍する各ジャンルのスペシャリストが結集し、舞台が回転するなどエンタテインメントに溢れた作品となる。

そんな今回の公演の主題歌・挿入曲に、なんとシンガーソングライター・つじあやのの楽曲提供が決定! 演出の赤星がかねてよりファンであり、今作の世界観を表現できるであろうことからオファーしたことがきっかけとなった。主題歌は赤星が書いた戯曲を元に、作詞・作曲する完全オリジナル楽曲。やわらかなウクレレの音色とのびやかな歌声でステージが彩られること間違いなし。

小劇場公演としては異例づくしのStarMachineProjectの新作舞台『はじまりの かんじょう そうこう』。ぜひ会場に足を運び、感情を研ぎ澄ましてほしい。

チケットは7月13日(土)10:00より一般発売開始。一般発売に先駆け、7月12日(金)23:59までプロジェクトメンバーチケット先着先行、先行先着プリセール実施中。

■ストーリー
朝が来ない森の中をずっと歩いている。月明かりを頼りに似たような道を歩いている。
私と私と私、たちはとてもよく似ているね。と私は思う。歩き方だったり、指の形だったり、雨が好きだったり。
私たちの人生はきっと、レコード針みたいなもので繰り返し溝を辿っているのね。と私は言った。
何処かから来たあの星は軌跡だけを残して消えていく。それを見ながら、私、たちは祈る。この夜はいったいどこで終わるんだろう。朝が来ないとは思わないけど、まだ来ないのはなんとなくわかる。
繰り返される音楽とまどろみ、私と私と私、たちはその鳴り止まない音楽を口ずさみながら、回転するレコードの上で踊り続けている。

■つじあやのプロフィール
シンガーソングライター。京都市生まれ。高校時代からミニライブや作詞作曲活動を開始。1999年、『君への気持ち』でスピードスターレコーズよりメジャーデビュー。2002年に公開されたスタジオジブリ映画『猫の恩返し』の主題歌『風になる』の大ヒットでも知られ、近年はCM、映画などに多くの楽曲を提供するなどマルチクリエーターぶりを発揮。

最終更新:7/12(金) 18:07
チケットぴあ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事