ここから本文です

「斜面かけ下りてきた」クマ突進し男性登山者襲う「爪で引っかかれた」右腕けが 北海道

7/12(金) 18:48配信

HBCニュース

北海道放送(株)

日高山脈で男性登山者がクマに襲われました。
持っていたつえで、とっさに戦ったといいます。
兵庫県神戸市の65歳の男性が、11日午前4時40分ごろ、日高山脈のカムイエクウチカウシ山の登山道を1人でのぼっていたところ、異変を感じたと言います。

「ガサガサと大きな音がしてクマが顔を出した」(男性)

およそ20メートル先にクマがいたというのです。

「やぶの中から顔を出して対峙する形になって。斜面をかけ下りてきた」(男性)

クマは体長およそ1.5メートル。
男性めがけて突進してきたと言います。

「取っ組み合いにならないようにしなきゃいけないと思った。左手にストックを持っていたので、左手で払った。同時に体をよけたつもりだったが右腕が…爪で引っかかれたのではないか」(男性)

クマは男性のわきをかすめ、30メートルほど離れたところで振り返りましたが、男性がホイッスルを鳴らしたところ、やぶの中に姿を消したということです。

「ホッとした。これが二度三度襲いかかられたら本当にどうしようもない。それがなかったのが本当に幸い」(男性)

男性は右腕に10センチほどの切り傷を負いました。
しかし、そのまま登山を続け、11日夕方、下山してから役場に連絡し、診療所に行ったということです。

北海道放送(株)

最終更新:7/12(金) 20:16
HBCニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ