ここから本文です

遊び疲れて帰った夜、寝たフリしたまま親に運ばれ…… 子どものころの一コマ描いた漫画に懐かしさがあふれる

7/12(金) 20:30配信

ねとらぼ

 子どものころの何気ない日常の一コマを、大人になってからあらためて思い出したとき、「愛されていたんだなぁ」としみじみ感じ入ることってありませんか? 遊び疲れた子どもが寝たふりをして親に運んでもらった思い出を描いた漫画が、懐かしくて幸せな気持ちを思い起こさせるとTwitterで人気を博しています。作者は“思い出漫画家”仲曽良ハミさんです。

【画像】漫画を全部読む(全2ページ)

 家族で出かけて遊び疲れ、帰りが夜になったときのこと。小学生だった仲曽良さんは車の後部座席でうとうとしながら、もうすぐ家につくのを感じていました。助手席にいる母親が「あら、寝ちゃってる」と言うのが聞こえてきます。家につくと、父親が「しょーがねーな」と言いながらドアを開け、仲曽良さんを抱っこして家まで運んでいきます。このとき実は仲曽良さんは起きていました。心の中で「ごめんなさい…」と少し申し訳なさそうですが、寝たふりをして運んでもらうのがとても好きだったのです。

 同様の経験をしたことがある人は多いようで、Twitterではたくさんの「いいね」やリプライが寄せられています。「よくやっていました。そしてある時から寝たふり抱っこモリヤン(仲曽良さんの当時のあだ名)コースから、揺すって起こされる姉コースへ。今では本気寝放置コース」「そのまま布団まで…。布団についたら意識も途切れるんですよね」「でかけて夜に帰ってくる描写から、もう懐かしい感覚…ラジオの野球中継とかも流れてたり…」

 リプライを見て仲曽良さんも思い出すことがあったようで、「成る程…親も『寝たふり』を知ってたのですね…愛」というコメントを添えています。寝たふりに気付いていても、大切に抱きかかえて運んでくれる……。この小さな幸せの記憶は、歳をとればとるほど優しいきらめきを増していくのではないでしょうか。

 仲曽良ハミさんは、自身の小学生時代を描いた漫画『ハミ出る思い』を定期的に更新しています。noteから読むことができるので、この作品に共感した人はアクセスしてみてください。

画像提供:仲曽良ハミさん

ねとらぼ

最終更新:7/12(金) 20:30
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事