ここから本文です

韓国高官が国際会議参加のため訪日へ 日本政府関係者との接触に注目

7/12(金) 17:41配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官が16日から3日間の日程で日本を訪問する。統一部が12日伝えた。

 徐氏は16日に慶応大で開催される「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、基調講演を行う。

 また朝鮮半島問題に関する日本の専門家たちとの懇談会にも参加するほか、日本の韓国系住民と面談する予定という。

 韓日関係が悪化の一途をたどるなか、徐氏が日本滞在中に政府関係者や民間の専門家などと面談し、最近の韓日関係が朝日(日朝)関係や朝鮮半島情勢に及ぼす影響などについて意見交換するのか注目される。

 朝鮮半島国際平和フォーラムは「朝鮮半島の非核化と日本の役割」をテーマに、韓国統一部、世宗研究所、慶応大現代韓国研究センターが共催するもので、南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使が祝辞を述べる予定だ。

最終更新:7/12(金) 17:41
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事