ここから本文です

ジャニー喜多川さん家族葬 “子供たち”約150人が参列、感謝を込めて挨拶

7/12(金) 21:47配信

デイリースポーツ

 9日に解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため87歳で死去した、ジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川(本名喜多川擴=きたがわ・ひろむ)氏の家族葬が12日に都内で営まれた。姉の藤島メリー泰子副社長(92)らをはじめ、ジャニーさんが育て上げた「子どもたち」である所属タレントが参列。偉大な「父」との最後の別れを惜しんだ。

 これまで数多くのステージをプロデュースしてきたジャニーさん。自身が育てた“子供たち”約150人が集った家族葬は、自身が上がる初めての舞台だった。

 司会をTOKIOの国分太一(44)とV6の井ノ原快彦(43)が務めた。東山紀之(52)、HiHi Jetsの高橋優斗(19)、KinKI Kidsの堂本光一が感謝を込めてあいさつし、近藤真彦(54)が締めくくった。

 ジャニーさん“初舞台”のため、所属タレントは、仕事やレッスンの合間を縫って、会場の設営や運営をできるだけ、自身達の手によってつくることにこだわった。

 故人が好きだったというコチョウランが飾られ、現役所属タレントだけでなく、巣立っていった郷ひろみ、田原俊彦や、解散したSMAPなどのパネルも飾られた祭壇。その真ん中に遺影のジャニーさんはキャップにサングラス姿で子供たちが舞台製作するさまを見守った。

最終更新:7/12(金) 21:58
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事